どこから、誰からお金を借りる?

お金を借りる、と一口に言ってもその手段や借入先は多くあります。
一番身近な、家族、親しい友人からお金を借りるのは早くて簡単です。他にも専用の貸金業者、銀行から借り入れることもできます。
どの条件にもメリット、デメリットがありますから、自分の状況、求める条件で変える必要があります。
お金を借りるのはいつもトラブルのもとになりかねませんから、対策を立てて行う必要があります。


・人間関係とお金は共通した悩み

占い師に相談する内容は大きく分けて二つのどちらかだと言われています。「お金」の問題か、「人間関係」かのどちらかです。
お金がもっと欲しい!そう思って占い師を頼る人もいるでしょうし、お金が無い!という悩みの人もいるでしょう。お金の問題は生きていく上で決して避けて通れません。
そして人間関係です。家族、友人、恋人、上司、同僚…この人間関係にまつわる問題も避けて通れません。人は誰しも一人で生きているわけではありません。誰かを助けて、誰かの助けを得ながら生きていく必要があるのです。
そして、「お金を借りる」というのは、そのどちらにも関わる、とても大きな問題なのです。お金を借りるのが友人、家族、またはそのほかの誰かだったとしても、その借りた相手との関係は大きく変わってしまいます。きちんとお金を返済しきるまでお互いにわだかまりを感じてしまうでしょう。
家族でも同じです。その相手が上司、だったとしても、同僚でも、お金を借りるというのはそこにある関係を変容させるのに十分な力を備えています。


・お金を借りることで一つ問題を解決しようとすると別の問題が顔をのぞかせる

お金の問題を解決しようとして、誰か近しい人からお金を借りると、お金の問題はとりあえずは終わったとしても、そこには別の、人間関係のトラブルが発生してしまうかもしれません。
人間関係を波立たせることなく、お金をかりようと思った人は、消費者金融や銀行など専門の業者から借りるようにすることをおすすめします。
しかしこれも、業者から借り入れを行って、一時しのぎ的にお金の問題が解決したとしても、貸金業者の高い金利などがかかって、また返済の段階でお金の問題が発生することに繋がりかねません。
まったく周囲に何も問題が無い状態、というのはもしかしたらありえないのかもしれません。私たちは常に何かの問題に追われていて、それらをひとつひとつ解決していくことしかできないのです。
その解決する手立ては必ず何かあるはずですから、決して諦めないでください。